MENU TEL
ヘッダー

何時くるか分からない、自然災害に備えて!

2012.04.23

です。

ごろから災害への備えを万全にし、いざというときあわてず、

切に行動できるようにしておくことが何より大切です。

意報と警報の違い!注意報とは、災害発生の可能性があり、

難の心構えが必要!警報 とは、大きな災害発生の

危険性があり、具体的な避難準備が必要!

避難の心構えでいざというときに備えて

①避難先を事前に家庭内で相談し、実際に歩いて

避難経路や安全性を確認しておく

 

②必ずガスの元栓を締め、電気のブレーカーは「切」にし

戸締りもしっかりと

 

③子どもや高齢者、障害者は早めに避難させる

 

④目立つところに避難先を書いておく

 

⑤家族の無事を確認したら、お隣にも一声かける

 

⑥遠回りになっても、がけの近くや川べり、水路のそばなどの

通行は避ける等、当たり前の事ですが大切な事です!!

 

今一度、避難具と心の点検をしっかりと!