MENU TEL
ヘッダー

高齢ドライバーの事故は、増加しています!

2012.11.11

Mです。

高齢ドライバーの事故は、この10年間で

1.3倍にも増加しております。

自転車・原付を運転中の事故で死傷した、

65歳以上の高齢ドライバーは全国で5万人

以上にもなり「自動車運転中」の死傷は

多くなっています。

高齢ドライバーは加齢に伴い「動体視力」や

「視野」といった認知能力、危険と察知してから

ブレーキを踏むまでの「反応時間」などの

心身機能がていかしています

運転中の注視点が進路中央部に集中し、

左右の安全確認動作がきわめて少なく

そのためか、追突事故の割合は低く

逆に出会い頭の事故割合が高くなっています。

高齢ドライバーは、加齢に伴う心身機能の

低下を自覚し、常に余裕のある運転を心がける

ことが大切ですね!

それと、周りのドライバーも分かるように

高齢者マークをつけましょうね!