MENU TEL
ヘッダー

京都府内の交通事故!

2012.08.12

です。

平成23年京都府内の交通事故について調べてみました。

まず原因です。

1位 安全不確認(47.6%)で半分近くを占めていました。

進路前方や左右に対する安全確認が出来ていません。

2位は前方不注意(17.8%),

3位は動静不注視(10.6%)これは、相手の存在には気が

付いていたけど危険はないと判断して、相手への注視を

怠った場合の事です。運転者としての基本的な注意義務を

確実にはたす事が交通事故減少につながりますね。

次に交通事故の場所は交差点が52.1%で断トツです。

交差点では、特に注意力を集中して安全運転に務めまし

ょう。そし

て最後は、交通事故の形態ですが、1位 出会い頭

2突、3右折時となり、事故全体の7割を占めて

います。

ドライバーのチョットした不注意が事故につながって

います。

交通事故は決して他人事ではありません。

事故を起こさない、事故に合わないため「思いやりのある、

人にやさしい」安全な運転を心がけたいものですね