MENU TEL
ヘッダー

スポーツ障害

右京区のどんぐり整骨院で治せるスポーツ障害

スポーツ障害とは

 

右京区にあるどんぐり整骨院に行けばスポーツ障害の治療を行うことができます。治療法としては症状にもよりますが、基本的にはRICE処置を施します。RICEとは、休息(Rest)、冷却(Ice)、圧迫(Compression)、挙上(Elevation)の略です。

 

スポーツ障害の専門治療

スポーツ障害とは、高校や大学での部活動で毎日のように運動をしていたり、プロ選手としてハードに運動している人に起こる症状です。
外傷に加えて慢性的に痛みが残るような障害もあり、その場合は右京区にあるどんぐり整骨院で治療をしてもらうことによって、緩和そして改善に向かいます。
どんぐり整骨院では交通事故による怪我の治療や、高齢者の腰痛や肩こりの治療もしていますが、スポーツ障害についても専門的に診療してくれるのです。

朝8時30分から夜21時まで診療

まず営業時間ですが平日と土曜日の朝8時30分から12時30分までと、平日の午後4時から9時までとなっており、朝早くから夜遅くまで営業していますので学校帰りや仕事帰りに余裕を持って立ち寄ることができます。
特にスポーツをしている人は夕方から夜にかけて練習時間が設けられているため、夜9時まで開院していると練習後のケアとして治療をしてもらうこともできるのです。

後遺症を残さない治療

スポーツ障害における外傷とは骨折のような重症から、筋肉痛のような軽度なものまでありますが、できるだけ早く治療にとりかかることによって回復を早めることができます。
障害については野球肘やテニス肘そしてランナー膝など体の一点に集中的に負担がかかるスポーツをしている場合に起きやすいです。
症状としては慢性的な痛みによって十分な実力を発揮できなかったり、肘や膝の曲げ伸ばしがしにくくなるなどプロのスポーツ選手にとっては致命的な状態になりますので、継続的に時間をかけて治療をしていくことが大切です。
治療方法としてはまず、休息をとることが大切です。無理に動かしていると炎症を起こすので悪化の一途をたどってしまうため、氷や薬品を使って冷却をします。
痛みが少し和らいできたのであれば、痛みのある部分をサポーターなどの矯正器具で圧迫をしたり、拳上といって心臓よりも高い位置に固定することで血液やリンパの流れを良くして回復を早めることができます。
どんぐり整骨院においてはこれらの治療に加えて、手技により患部の状態を整えていってくれます。痛みの原因が分からなかないなど悩んでいるのであれば、一度右京区にありますどんぐり整骨院で相談してみると解決するかもしれません。

院へのアクセス

どんぐり整骨院
【住 所】 〒616-8184 京都府京都市右京区太秦中筋町12 グランビュー太秦 1F
【TEL】075-881-1301


大きな地図で見る