MENU TEL
ヘッダー

整骨院でヘルニアは治るのか?

ヘルニアを治すためには手術が必要だからあきらめているという方もいるかもしません。ですが、右京区のどんぐり整骨院でヘルニアを手術なしで解決へ導くこともできるのです。早めの対処を行うことで痛みを感じる期間を短くすることができます。

腰痛は専門に治療院へ

椎間板ヘルニアとは、ヘルニアと呼ばれる疾患の一つになります。椎間板という骨と骨の間に存在している、柔らかい組織の中にある髄液というゼリー状の物質が、突出してしまうことにより起こる症状です。この、椎間板ヘルニアが、原因となって腰痛・臀部・下肢の痛み・しびれなどが起こる場合もありますが、一概にこれだけが原因とも限らない場合があります。

 

通常は、高齢者が加齢とともになることが多いという認識のもとに周知されている部分もあるのですが、若年者でもこの疾患を持っている人もいます。しかし、若年者の人にありがちなことですが、最初に起こった痛みをたいしたことないし、わざわざ治療に行くのを面倒がってしまうことが少なくないのです。

薬局などで、購入した湿布や塗布するタイプの薬などで、とりあえず対処しておけば、一時的に治ったような安心感も得られます。それで、本当に治ってしまえば、それはそれで良いのですが、そうもいかない場合もあるのです。早期にプロに診察や治療を施してもらえば、簡単な施術や短期間の通院といった程度で済んだものも、治療するのが遅れれば遅れるほど悪化してしまいます。

確かに、診察や治療されるのが大好きでちょっとした痛みでもすぐに行きたいという患者様は少数派です。 まあ、希少です。それでも、たいしたことないやと思っていても、一応念のために行ってみるのが賢明です。どこに行ったら良いのか悩んでしまったら、右京区にあるどんぐり整骨院にご来院ください。 どんぐり整骨院は、腰痛治療を得意としているのです。

腰や下肢といった部分は、普段はあまり意識もしていない体の一部ですが、ここが痛いだけで、生活自体に支障をきたす案外と重要な身体部分でもあります。 痛くてどうしようもないと感じるまで、放っとくことはせずに違和感を感じる程度の悩んでいるだけの状態でも、気軽に相談に応じてくれます。激痛が走って、救急車で救急搬送されるような事態に陥る前に、どんぐり整骨院の優しいスタッフに見てもらえば安心できます。

土曜日の午後と日曜日は、診療がお休みとなっていますが、それ以外は午前でも午後でも歓迎されます。 仕事でどうしても遅い時間しかあいていないという人でも大丈夫です。平日の午後は、16:00から21:00までの診療時間だからです。

院へのアクセス

どんぐり整骨院
【住 所】 〒616-8184 京都府京都市右京区太秦中筋町12 グランビュー太秦 1F
【TEL】075-881-1301


大きな地図で見る